カワサキ・ヴェルシス & マツダ・アクセラ のことから日常のことまでいろいろと。。。 ★☆岐阜県から発信してます☆★


by s_suzuka13
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

陶芸教室のHP

e0100086_2355387.gif
私が通ってる陶芸教室のHPのURLを教えてもらったので、ここからもリンクしておきます。作成中だとは聞いていたが、人知れず?完成していたようだった(笑)

興味のある方はどうぞ!陶芸教室・一滴窯
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-30 22:54 | 陶芸教室
今まであったミツビシ・カリスマに替わり新たな車が納車された。
e0100086_21362597.jpg

スズキ・パレット。今年の初めに発売となった新型の軽自動車だ。
e0100086_21365869.jpg

当然、新車!

室内空間がとにかく広い。最近の軽自動車はすごいな。驚かされる。。。

ちょっと乗ってみた感想は、室内の騒音も乗り心地も良い。これはなかなか。。。ただ、電動スライドドアとかの装備で車重は重くなってるはずだし…何というか、加速が遅い…

もちろん、普段乗っているMSアクセラとの比較だから当然と言えば当然だが…合流なんかの時は、アクセラと同じ感覚でやるとちょっと問題ありかな?まあ、こういう車に走りを期待してしまうのは酷というもの。。。
e0100086_21371653.jpg

エンジンはプッシュスタート!さすがです。オートライトにフルオートエアコン。オーディオはMP3&WMAフォーマットも対応。。。装備は至れり尽くせり!
e0100086_2137297.jpg

ボディカラーは黒なんで手入れはマメにしないといけません。
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-29 21:40 | クルマのこと

でかッ!

これにはちょっと感動?いや驚いた!こんなのが発売されてるとは…

知らなかった。

それは…
e0100086_2245264.jpg

プッチンプリンのボス(笑)インパクト大!普通サイズヨーグルト(ダノンBIO)と比較しても大きさが際立っている。
e0100086_22462039.jpg

「運だめし」ってなんなのかと思ったら、プッチンするツメが4つ付いていて、3つはダミー。何本目でプリンが落ちるか?ややくだらない(失礼)といえば、そのとおりだが、このプリンの存在自体がイレギュラーなんで、こういうのもアリだろう。
e0100086_22463252.jpg

私は、2本目で落ちた。まあまあ?大きすぎて、つぶれそう?
e0100086_22473414.jpg

ビール缶(350ml)と比較。

やっぱりデカイぞ!これ。ちなみに、1人では食べ切れませんでした。軽く4人分くらいはあるかと。。。
e0100086_22481245.jpg

内容量は400g。最近は何でも「メガ」ブームなのか?
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-27 22:52 | 雑記帳

作品完成!

少し前のことだが、無事に陶芸の作品が焼きあがった。
e0100086_20413115.jpg

一気に先生、その他の生徒さんのも全て一緒に窯に入れてあるので、焼きあがった作品群は膨大な数だ。この中から自分の作品を探し出すのは至難の業…しばらくの捜索の後、いくつか発見!
e0100086_20414426.jpg

一番いい出来だったのは、製作段階では微妙だと思っていた大きめの壺。窯の中で薪の灰をかぶり、その灰が高温で溶けると、ツヤツヤになり、いい仕上がりになる。いわゆる「焼き締め」という手法だ。
e0100086_20415840.jpg

あとは、マグカップ。2個作ったはずだが、1個しか発見できず。。。
e0100086_20435364.jpg

ぐい呑みとお猪口。若干ぐい呑みには大きく、湯飲みとしては小さめ…微妙なサイズになってしまったが、カタチとしてはなかなか気に入っている。自信作だ!
e0100086_20443711.jpg

アロマポットなんてのも作ってみた。
e0100086_20445377.jpg

ちゃんと上の皿は取り外し可能。。。加工して熱源の電球でも取り付けてみようかな?
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-27 20:45 | 陶芸教室

タイヤ交換

アクセラのタイヤをスタッドレスタイヤから夏用タイヤに交換した。

最近の暖かな気温からしてさすがにもう雪は降らないと思う。たとえ降ってもすぐに解けてしまうだろう。
e0100086_0312229.jpg

そういうワケで作業をこなし、ノーマルタイヤへと装着完了。
e0100086_032235.jpg

スタッドレスタイヤもキレイに洗ってやる。今日は快晴で天気が良いので、濡れたタイヤもすぐに乾く。。。

また来シーズン、お世話になるだろう。
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-16 00:32 | クルマのこと

窯焚きの熱気

窯焚きの薪替えの光景の動画を撮ってみた。クリックすると再生します。(モバイル版は対応してないみたいです。悪しからず…)

少しは、熱気が伝わるだろうか?やってるとめちゃ熱いです。。。熱風で焼けつくような熱さ。

窯焚きも12日で終わる予定。。。無事に焼きあがって欲しいところだ。
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-12 00:02 | 陶芸教室

ツーリングマップル2008

e0100086_18345541.jpg
リンクさせていただいてる茂麻呂さんのブログで2008年版のツーリングマップル発売の情報をキャッチ。かなり遅いですが…。

2005年に二輪免許を取ったときに初めて、ツーリングマップルの中部北陸版を買い、2007年で一度更新。今は、2007年のヤツを使っている。まあ、2年おきにでも買い換えていこうか?とか思ってるので、今年版のはノーチェックだったんだけど(笑)

「関東甲信越」とかは2005年のを使ってるから買い換えても良いかも?
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-11 18:36 | アイテム

窯焚き3日目

e0100086_22211450.jpg

今日は風もなくポカポカ陽気になった。菜の花も咲き始めて春を感じられる気温だ。
e0100086_2223426.jpg

これだけ暖かいと窯の前はすごく熱い!焼けるような熱さだ。
e0100086_2221293.jpg

窯の口に薪を押し込んでふたにする。じきに燃えていくので、燃え尽きそうな薪を窯へ入れ再び新しい薪をセットしていく。これが、火の番の主な仕事。薪でふたをするのは、窯の温度を高温に保つため。
e0100086_22214113.jpg

薪が燃えて、窯の口が開くと、焼けつくような熱風がくる。じっとしていられないほどの熱さだ。
e0100086_22215499.jpg

この時の火の番は、映画監督風な?A氏。
e0100086_2222753.jpg

薪の入れ替え作業中…ご苦労さまです。
e0100086_2223710.jpg

私も火の番を交代。暑い熱い!
e0100086_22232254.jpg

3日目ともなると、登り窯の横の入り口からも火が噴出してくる。。。もう少ししたら、ここからも薪を入れ焚き出しをやるらしい。

いよいよ窯焚きも中盤だ…
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-09 22:24 | 陶芸教室

炎の色は…

夜になるとあたりが冷え込み、窯焚きの熱がありがたく感じるようになってくる。

それでも近づきすぎれば、熱い!

夜は昼と違って、炎の色が鮮明に見えてくる。温度によって色が変わるのだ。オレンジ色の炎がごくごく一般的だと思うが、そこから温度が上がると、若干緑色がかった黄色になり、さらに高温になると白っぽい炎になる。
e0100086_1213598.jpg

なんとも幻想的な光景だ。炎を見ていると日頃の嫌なことも忘れて、落ち着くなぁ。。。

さて、窯焚きはまだまだ前半戦。まだまだ続く…
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-09 01:22 | 陶芸教室

窯焚き開始!

e0100086_17504299.jpg

昨日から私の通っている陶芸教室の窯焚きが始まった。
e0100086_174994.jpg

先生が手作りしたという登り窯。かなり本格的な作りだ。
e0100086_17493066.jpg

1週間くらいぶっ通しで焼き続けるらしい。当然、火を絶やさぬよう、寝ずの番をせねばならない。まあ、何人かで交代してやるのだが、なかなか体力勝負だ。
e0100086_17495157.jpg

窯焚き2日目の今日は、けっこう火力も強くなり、窯の近くにいると、熱ですごく暑い。。。
e0100086_1750593.jpg

e0100086_17501794.jpg

薪もかなりの量が用意されている。1週間ですべて焚いてしまうらしい。。。

窯焚きの後、1週間ほど冷ます。そうしないと熱くて窯の中に入ることすらできないからだ。そして、ついに今まで作ってきた作品が完成となるのだ。どんな作品に出来上がるのか?今から楽しみだ。
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-03-08 17:52 | 陶芸教室