カワサキ・ヴェルシス & マツダ・アクセラ のことから日常のことまでいろいろと。。。 ★☆岐阜県から発信してます☆★


by s_suzuka13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:旅行( 4 )

イタリアの旅 その4

イタリアの首都にして最大の都市・ローマ。

古くはローマ帝国の時代から栄えてきた都だけあって、街中いたるところに遺跡があったりする。

ローマ市内には、世界一小さい独立国家・ヴァチカン市国がある。
e0100086_22544348.jpg

ヴァチカンとイタリアの国境は簡単な柵があるだけで自由に行き来が可能。
e0100086_22552487.jpg

ヴァチカンに入国!
e0100086_2256229.jpg

すぐ目の前に見えるのが、サンピエトロ大聖堂。世界一小さい国の中にある、世界一大きい教会だ。そして、ローマ・カトリックの総本山でもある。
e0100086_22562117.jpg

内部に入るには、セキュリティチェックを受ける必要があって、長い列に並ぶ…
e0100086_22565428.jpg

内部は、やはりとてつもなく巨大だ。写真撮影OKなのがふとっぱらだ(笑)

ヴァチカン博物館のシスティーナ礼拝堂にあるのが、最後の審判。教科書とかで見たことのある有名な壁画。残念ながら写真撮影NG。でも、すごい迫力のある壁画でした。

再びイタリアへ。。。
e0100086_22571656.jpg

e0100086_22574784.jpg

コロッセオ。ローマと言えば、ココみたいなイメージのある。古代の円形闘技場。何千年も前にこんな巨大な建造物を造ったんだと思うととても不思議にさえ思えてくる…
e0100086_22581120.jpg

トレヴィの泉。投げたコインの枚数で叶う願いが違うらしい…1枚は、再びローマに来れる。2枚は、良縁に恵まれる。3枚は、別れることができる。だったような気がする…

もちろん1枚投げてきました。そして、投げるために用意しておいた5円(日本円)

まあ、ローマ市内を歩き回って、23000歩…歩き疲れた1日だった。

ずいぶん走った内容でしたが、7泊8日イタリアの旅。満喫して帰ってきました。

イタリア。楽しいです!
[PR]
by s_suzuka13 | 2011-06-22 22:59 | 旅行

イタリアの旅 その3

水の都・ヴェネツィア。

その名前は、あまりにも有名だ。
e0100086_22431368.jpg

そして、その名のとおり、ヴェネツィア島内は、大小の運河が張り巡らされていて、おもな交通手段は、船。そして、タクシーも船だったりする。
e0100086_22434452.jpg

ヴェネツィア本島内で一番大きい広場が、サンマルコ広場。
e0100086_22441832.jpg

訪れた時は、ちょうどヴェネツィアのカーニバルの時期で、仮面舞踏会の仮装をした人や、特設ステージが作られていてラジオの収録みたいなことが行われていた。

ヴェネツィアで一泊して、翌朝…
e0100086_22445358.jpg

サンマルコ広場は、一部が水浸しになっている!?
e0100086_22454028.jpg

なんでも、ヴェネツィアは、島に建っている建物の重みで地盤沈下していて、それが問題になっているようだ。それに加え、地球温暖化による海水面上昇や、水面上昇によって、浸入してくる水は海水なので、塩分による塩害も今後の課題になっているということらしい…

そして、タワーの上からヴェネツィアを見渡す。。。
e0100086_22462624.jpg

これぞ、いかにもヨーロッパっていう感じの風景が広がっていた。オレンジの屋根は、レンガの屋根で、レンガは軽いので使われている(重いと地盤沈下の原因になるため)らしい。だから重い大理石の建物はほとんどないのだとか?
e0100086_22474727.jpg

ヴェネツィア島内は、車両は通行禁止。車もバイクも自転車も走ってはいない。移動手段は、徒歩か船。そして、網の目のようにある通路。まるで迷路のようだ。
e0100086_2247823.jpg

ゴンドラっていうヴェネツィア独特の船。カンツォーネ(イタリア民謡)を聞きながらしばし船の旅。ヴェネツィアを満喫。
e0100086_22482882.jpg

ヴェネツィアングラス工房。
e0100086_22492576.jpg

リアルト橋。

などなど…いろんなところを回った。。。

旅も3日目になると、カタコトながらかんたんなイタリア語は使えるようになってきたりする(あいさつ+αくらいだけど(笑)

その4へつづく…
[PR]
by s_suzuka13 | 2011-06-04 23:03 | 旅行

イタリアの旅 その2

イタリア・ミラノ

前日は移動だけで丸1日かかったので、ぐっすり眠れた。
e0100086_21594249.jpg

ホテルのエレベーターのボタン。日本でいう1階は、イタリアでは0階というようだ。なんか、中学の英語の授業にそんなことを習った気がする…

ミラノ市内の観光へ。
e0100086_220884.jpg

e0100086_2232646.jpg

まず、日本と違うな。。。と感じたのは、街並み。石造りの建物ばかりで、街並み自体が、歴史を感じさせる風景になっている。
e0100086_2202059.jpg

あとは、車がやたらと多い!しかも、縦列駐車してある車の間隔があり得ないほど狭い。挟まれた車はどうやって出ていくのだろうか?
e0100086_2204445.jpg

ミラノの観光地スフォルツェスコ城。
e0100086_221815.jpg

e0100086_2212670.jpg

e0100086_221433.jpg

内部は博物館になっていて、たぶん歴史的価値のあるものがたくさん…なのだろう。。。

e0100086_222629.jpg

ミラノ・ドゥオーモ。でっかい教会だ。中に入るには、金属探知機を持った係員のボディチェックを受けなければならない。
e0100086_2222625.jpg

内部はこれまたデカイ!何百年かタイムスリップしたような印象だ。

ドゥオーモ前の広場では、ハトの餌とかミサンガとかを強引に売りつけてくるぼったくりな人たちがたくさんいるので注意!
e0100086_2225955.jpg

イタリア統一の父・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の銅像がある。この長い名前…実はイタリアの歴史ではかなりの有名人で、このさき行く先々で見かけた。それだけ、由緒あるってことなのだろう。

そして、この名前…覚えてしまいました(笑)
e0100086_2234985.jpg

e0100086_224582.jpg

昼食は、ミラノ風カツレツ&リゾット。

ちょい薄味で、正直、そんなに美味いといえるものでもなかった…
e0100086_224281.jpg

この後は、ヴェネツィアへ移動中…

その3へ続く…
[PR]
by s_suzuka13 | 2011-03-30 22:05 | 旅行

イタリアの旅 その1

結婚式の2日後、ハネムーンへ出発。

海外旅行も初めてだし、実は、飛行機に乗るのも初めてだったりする(笑)

そんな"初"づくしの旅が始まった。

中部国際空港・セントレア。何度か来たことはあるけど、日帰りで立ち寄っただけ。今回の旅行は、LOOK JTBのツアーに申し込んでおいた。海外旅行初心者には、ツアーの方が安心。

指定された集合場所に行ってみると、ツアーのメンバーは18人で、そのうち新婚さんは自分たちを含めて4組らしい。

説明を受け、保安検査を通過。飛行機の搭乗開始を待つ。。。
e0100086_22392969.jpg

ルフトハンザ・ドイツ航空便でフランクフルト国際空港へ。フライト時間は約12時間。。。長い…

でも、音楽聞いたり、映画観たり、ゲームしたり(DS持ってった)してるうちに、長いながらも意外に12時間も早く感じた。

時差の関係もあって、外はず~っと昼間。機内食が2回出てきたが、昼食なのか、夕食なのか?何ごはんを食べているのか分からなかった(笑)
e0100086_22395596.jpg

e0100086_2240832.jpg

セントレアを11:30に出発して、12時間飛んで、フランクフルト国際空港に15:30に到着。ちょっと不思議な気分。もちろん、そんな時刻になるのは、時差があるからで、日本とドイツ・イタリアの時差は、8時間。日本より8時間遅い。

フランクフルトで乗り換えて、イタリア・ミラノへ向けて再びフライト。ここまでこれば、あと2時間。
e0100086_22375158.jpg

イタリアへ行くときに越えていくのが、本家のアルプス山脈。日本アルプスと良く似ている山容だ。(そりゃ、こちらが本家だからね)
e0100086_22382723.jpg

どれが何山なのかは、さっぱりわからないが、急峻な山なみが続いていた。

イタリア・ミラノに到着したのが、イタリア時間で20:30。ホテルへ移動して、この日は移動のみ。

翌日に備えて就寝した…

その2へ続く。
[PR]
by s_suzuka13 | 2011-03-22 22:40 | 旅行