カワサキ・ヴェルシス & マツダ・アクセラ のことから日常のことまでいろいろと。。。 ★☆岐阜県から発信してます☆★


by s_suzuka13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

晩秋の信州~極上のワインディングを繋ぐ~後編

前編へ戻る
e0100086_1612947.jpg

毛無峠は、長野・群馬県境なのだが、群馬県側は道が整備されていないため通行できない。
毛無峠を群馬県側へ下ったところにかつて小串鉱山という硫黄鉱山があった。今はその遺構が残るのみだが…
e0100086_16123619.jpg

今でもダートで鉱山跡までは行けるらしいが、まあ、この標識を見る限り常識的には通行止めということだろう。
e0100086_16125396.jpg

毛無峠から来た道を戻る。
e0100086_1613617.jpg

再び万座温泉へと下ってきた。硫黄のにおいがする。ここら一帯は火山地帯。火山ガス?がもくもくと吹き上がっていた。
e0100086_1613258.jpg

ここからは万座ハイウェーで南下する。有料道路で1020円とちょっと高いが、R292志賀草津道路は混雑必至だろうから、まあいい。
e0100086_16134499.jpg

途中、嬬恋牧場で休憩。1杯300円のホットミルクをいただいた。
e0100086_161416.jpg

万座ハイウェーも紅葉はイイ感じ。真っ赤に色づいた木がキレイだ。
e0100086_16144583.jpg

つづいて嬬恋パノラマラインへ。本州っぽくないストレート。
e0100086_161534.jpg

e0100086_1615184.jpg

一面の畑でいかにものどかな風景が広がっている。しかも交通量は極少だ!

あとは、県道94号~県道40号を走り、一気に南下。蓼科へと向かう。
e0100086_16154554.jpg

今夜の宿、ロッジ・モーティブへと向かう。リンクしていただいているアテンザ乗りの茂麻呂さんと約2年ぶりの再会。オーナーたちとも会話がはずみ夜が更けていく…
e0100086_16155974.jpg

翌朝、気温は3℃。車の屋根は凍っていた。。。さすがに寒い。

宿を出発し、ビーナスラインへ。宿泊したロッジ・モーティブからビーナスラインへは3分足らず。。。
e0100086_1617178.jpg

ビーナスラインの木々も色づいていた。紅葉のトンネルを抜けていく。。。
e0100086_16171853.jpg

蓼科山もキレイに見える。
e0100086_1618211.jpg

e0100086_16183379.jpg

車山高原はすっかり秋色だった。

和田峠でビーナスラインを後にし、岡谷ICから高速で帰路へと着く。
e0100086_16184681.jpg

途中、駒ケ岳SAからも木曽駒ヶ岳がキレイに見えた。

走行距離810キロ。平均燃費は13.5km/L。長距離だといい数字だしてくれます。

今回は久々の一人旅な気がする。。。一人旅もたまには良いですね。
[PR]
by s_suzuka13 | 2008-10-22 16:29 | ドライブ~クルマの旅~