カワサキ・ヴェルシス & マツダ・アクセラ のことから日常のことまでいろいろと。。。 ★☆岐阜県から発信してます☆★


by s_suzuka13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

京都・兵庫横断?縦断?ドライブ

 今までドライブやツーリングと言うと、信州を筆頭に岐阜県より東に出かけることが非常に多かった。今回はあまり行ったことのない西向きに出かけることにした。決行日は11月23~24日。

 朝5時出発。関ヶ原IC~京都南ICまでは名神高速でショートカット。京都南ICは関ヶ原ICからギリギリ100キロ未満。よって、ETC通勤割引が適用されて、高速料金は半額。(当然これを狙ってのものだが)

 京都市内では二輪車をたくさん見かけた。原付二種(125cc)のスクーターが多かったような気がする。都市部だと車持つより維持費がかからないし、駐車スペースも少なくて済むしバイクの利点を活かせるのかもしれないですね。岐阜では二輪車はあまり見かけないし…。
e0100086_22451555.jpg
e0100086_22454150.jpg

 R9に入りさらに西を目指す。R372~(ここで兵庫県入り)~R173~県道300号~県道97号~県道69号~R175で丹波市氷上へ。ここで通りかかったのが、「日本一低い中央分水界」
つまりは分水嶺である。標高は94.45メートル。

 ここは国道の交差点のすぐ脇にあるのだが、この交差点名が「水分れ」というようだ。こんな普通の住宅街が分水嶺とはなんとも不思議である。分水嶺ってもっと標高の高いところにあるものだと思っていたので。

 そこから県道7号「丹波の森街道」で北上するのだが、並行して高速道路らしきものが見え、車の通行も確認できるが…地図を見ても載ってない。持ってる地図は「ツーリングマップル関西の2006年版」最新の地図に載ってないとは???

 そんなことを思いつつ、走っていると道の駅「あおがき」を発見。立ち寄る。そこで情報収集。さっきみかけた謎の高速の正体は「北近畿豊岡自動車道」と言って、舞鶴若狭道・春日ICと播但連絡道路・和田山JCTを結ぶ自動車道で、2006年7月22日に開通したばかりらしい。2006年始め発行の地図に載ってないのも頷ける。しかも、この道、先に開通していた「遠阪トンネル」以外は無料なのである。最終的には、豊岡市・八鹿までつながるらしい。
e0100086_2246414.jpg

 そうそう道の駅「あおがき」で少し早い昼食(10:30頃)名物という「二八そば」を食す。信州そばと比較すると、色がやや白っぽくて麺の長さが長い。つなぎ(多分小麦粉?)が信州のものより多いのだろうか?味は美味しかったですよ!
e0100086_22465553.jpg

 腹ごしらえも済んだし、北近畿豊岡道・青垣ICから上へ。対面通行ながら道が新しい!快走であったが、途中で事故渋滞…。渋滞中、並行して走る下道を見てみると、ガラガラ。。。こりゃ下道の方が早かったなぁ。

 和田山JCTで降り、和田山JCTの少し南にある「竹田城跡」へと立ち寄った。
e0100086_22475230.jpg
e0100086_2248188.jpg

 駐車場から徒歩700メートル。「近道」と書いてあった道を行ってみると、急激な登り勾配!息を荒げつつ登る。
e0100086_22491321.jpg
e0100086_22493422.jpg

 竹田城跡は山の上に建てられていた城のようで、巨大な石垣が残っている。まるで空中に浮いているかのような城なのだ。戦国時代の城のようで、石垣は迷路のようなつくりになっていた。
e0100086_22495135.jpg

 天守閣跡地からの眺めは格別。昔の人もこんな眺めを見ていたのかな?ただ、山の上にあるので吹きさらしで風がきつくてかなり寒かったですが…。

 竹田城跡を後にし、出石へと向かう。県道10号は道幅がやや狭いものの、交通量が少なくマイペースで行ける。
e0100086_22502171.jpg

 出石市街地はさすがに有名な観光地だけあって、すごい人。駐車場探すだけで苦労しました。
e0100086_2250365.jpg

 出石といえばもちろん「出石そば」。「皿そば」とも言われていて、その名の通り、小皿にそばが盛られている。生卵やとろろ、ネギなんか付いてきて、一皿ごとに味を変えながら食べるのが通な食べ方らしい。これまた美味しかったです。

 出石からさらに北上し、城崎温泉へ。城崎で温泉に入りたかったのだが、駐車場が見つからないのと、温泉街が狭いうえに人もたくさんいて、車も渋滞していて。。。出した結論は、

 城崎温泉はまたの機会ということで、先を急ぐ。
e0100086_22513118.jpg
e0100086_22514639.jpg
e0100086_2252167.jpg

 日本海につきあたり、県道11号「但馬コースタルロード」を通った。海沿いなのにワインデディング!海を見下ろし、気分爽快。交通量も少なめだし、走り甲斐がある道である。ここはオススメ!
e0100086_2253887.jpg

 そのまま日本海沿いを西へと進む。香美町を通過し、余部鉄橋へとたどり着いた。さすがにデカイ、ちょうど通りかかった電車がすごく小さい。それだけ鉄橋が大きいってことだ!電車に乗ってみる景色は絶景なんだろうなぁ…

 ここで、時刻は17:00過ぎ。もう辺りは暗い。さすがにこの時期だと暗くなるのが早い。

 余部鉄橋からR178を西へ。県道47号~R9~北近畿豊岡道~R175を走り、到着したのは、山陽道・三木小野IC。日本海側の余部鉄橋から大阪湾に近い山陽道まで兵庫県を一気に横断。
e0100086_2253474.jpg

 21:30頃、山陽道・三木SAに到着。今夜の寝床はここで。車内泊ということだ。ちょっと狭いがなんとかなりそうだ。

 翌日、4:00頃に目が覚めた。やはり車内泊ではぐっすりとは眠れないなぁ。SAが24H営業で助かる。朝食もそこで済ませた。

 5:20三木SAから出発。神戸JCTで中国道へ。さらに吉川JCTで舞鶴若狭道へ。再び北上する。六人部PAに6:30に到着。ここで疲れを感じ、少し仮眠。ついでに周りが明るくなるのを待つ。

 7:00過ぎ、明るくなったので出発。福知山ICで下りる。三木小野ICからの距離は90キロ。ETC通勤割引で半額。

 福知山市から府道8号で綾部市へ。そこからR27~府道1号と走り、若狭方面へと走る。途中、福井県県境あたりで、天気が悪くなり、雨が降り出した。日本海側はどうも雨らしい。

 再びR27へ。
e0100086_22542898.jpg

 道の駅「シーサイド高浜」に到着したのが、8:30頃。道の駅は朝早すぎて、閑散としてる。当然お店もやってない。早々に出発。
e0100086_22545548.jpg

 福井県小浜市を通過し、R27~R303~R367~R477で琵琶湖の西側へ。福井県から滋賀県へと来る頃には天気も回復して晴れてきた。琵琶湖大橋を渡り、R477を東向きに走る。
e0100086_22551045.jpg

 R477鈴鹿スカイラインへとやってきた。御在所岳は紅葉はピークは過ぎてしまっているものの、ギリギリまだ楽しめる、といった感じだろうか?
e0100086_22553371.jpg

 滋賀県・三重県県境の武平峠からは四日市方面の展望がキレイだった。

 R477鈴鹿スカイラインを三重県側に下ると、湯の山温泉にたどり着く。湯の山温泉でひとっ風呂&昼食。
e0100086_2256213.jpg

 R306で北上し、県道25号でこのドライブ最後の山越え。途中、名古屋方面の展望がキレイだった。

 峠を越えて、岐阜県入り。そして帰宅となりました。

 走行距離930キロ。平均燃費12Km/L。フォトアルバム更新しました。
[PR]
by s_suzuka13 | 2006-11-25 23:01 | ドライブ~クルマの旅~