カワサキ・ヴェルシス & マツダ・アクセラ のことから日常のことまでいろいろと。。。 ★☆岐阜県から発信してます☆★


by s_suzuka13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

草津温泉へ

白馬村を後にし、一路草津温泉へと急ぐ。

最初に草津温泉の宿をナビにセットしたときに指示したルートは、長野IC~上田菅平ICを高速で走り、R144で草津方面へというものだった。まあ、つまごいパノラマラインでも走って、草津入りかな?なんて思っていると、、、

長野ICの少し手前で、ナビが「最新の交通情報に基づいたルート」というものに変更するらしい。

長野ICから指示したのは、新潟・上越JCT方面。さっきまでの指示していた上田菅平ICとは真逆の方向である。

信州中野ICで下りろとの指示。どうも、R292志賀草津道路を越えて行けということらしい…先を急いでいるのに峠越えとは…大丈夫かいな?

と、思っていたのだが、、、これがうれしい誤算であった。

夕刻のR292志賀草津道路は、交通量がほとんどないのだ!今までは、確かに昼間しか来たことないので、昼間の観光バスがバンバン走って、景色はいいが、交通量も多い観光道路っていうイメージだったが、夕方になれば、バスツアー旅行は、宿にチェックインするだろうから、当然と言えば当然だ(笑)

こんなにも快走できる志賀草津道路は初めてだ。先を急ぎつつ、ワインディングを楽しむ。
e0100086_20583260.jpg

e0100086_20584923.jpg

渋峠周辺は、雲の中。周りは晴れているのに、このあたりだけ、雲の中…雲の中から見る太陽が幻想的だった。
e0100086_2059463.jpg

R292渋峠・国道最高地点。ここも雲の中。
e0100086_20592390.jpg

山田峠を越えて、万座温泉方面との分岐をこえた辺りからは、一気に下る。殺生ヶ原…火山独特の硫化水素のにおいがただよう。
e0100086_211468.jpg

草津温泉街を通り、今晩の宿・一田屋旅館に到着したのは、18時30分くらい。到着するなり、早速晩ごはん。なんとか間に合った(笑)

晩ごはんの後、温泉街の散策に出かける。
e0100086_2113799.jpg

e0100086_2115916.jpg

草津温泉最大の源泉地・湯畑周辺は、観光客で賑わっていた。さすがに、日本を代表する温泉地の光景だ。

お土産は、あれとあれとみたいな感じで夜が更けていった。

つづく…
[PR]
by s_suzuka13 | 2012-08-16 21:02 | ドライブ~クルマの旅~