カワサキ・ヴェルシス & マツダ・アクセラ のことから日常のことまでいろいろと。。。 ★☆岐阜県から発信してます☆★


by s_suzuka13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

八方尾根へ

信州旅行2日目。
e0100086_20215826.jpg

信州・白馬で泊まった宿はプチホテル・アンシャンテ。フレンチを食べさせてくれるペンション。料理が美味しくて、ワインのリストも豊富。一泊二食11,000円ならお得な気がする。

白馬での今日の目的は、八方尾根に登ること。人気のトレッキングコースだ。

八方尾根に上がるためには、麓から、ゴンドラ→リフト→リフトを乗り継ぐ「八方アルペンライン」と、黒菱林道で上がり、そこからリフトを2本使う「黒菱ライン」の二つがある。

黒菱ラインは、ゴンドラの乗車がないので、乗車賃がリーズナブルだ。(八方アルペンライン往復2600円、黒菱ライン往復1000円)もちろん黒菱ラインを利用する。(ペンションで100円割引券をもらっておいたので900円で利用できた)
e0100086_20225456.jpg

黒菱林道は、1.5車線の舗装路。一気に標高を上げて、白馬の山々が一気に近づいてくる。
e0100086_2024145.jpg

林道終点から、リフトで黒菱平へ。
e0100086_20244980.jpg

黒菱平からは八方アルペンラインと合流し、グラートクワッドリフトで上がる。4人乗りリフトで、さっき乗ったリフトより断然速い。そして、楽々だ(笑)
e0100086_20251972.jpg

1998年の長野オリンピックの時は、こんなところからスキー競技がスタートしていたらしい。。。驚き!
e0100086_20253412.jpg

八方尾根自然研究路を進んでゆく。
e0100086_20264987.jpg

白馬の山々がすぐそこにそびえる。
e0100086_20273375.jpg

振り返れば、眼下には、白馬村を一望できる素晴らしい眺め。
e0100086_20274664.jpg

e0100086_20281487.jpg

e0100086_20291593.jpg

雪がまだあったり、高山植物があったり、日差しが強く、やや暑く感じる気温だが、1時間ほどでトレッキングコースの目標・八方池に到着。
e0100086_20303138.jpg

ここから先は、唐松岳を始め、白馬の山々に通じる登山道で、ここからは本格的な登山装備が必要。一般人はここまで。
e0100086_20295654.jpg

山の頂は雲の中だったが…少し待っていると、なんとか顔を出してくれた。まさに絶景である。こんなところに1時間少々で来ることができるとは…リフトの力は偉大だ(笑)
e0100086_20311095.jpg

山を下った後は、白馬と言えばココ!みたいな、オリンピックのジャンプ競技場に。
e0100086_20313654.jpg

e0100086_20315373.jpg

ゲートをくぐり、再びリフトで上がる。よくリフトに乗る日だ(笑)
e0100086_20325848.jpg

ラージヒルからの眺め。こんなところから飛び立つんだから、スゴイよなぁ…良く怖くないよなぁ…って思う。
e0100086_20335676.jpg

ちなみにジャンプ台に行くまでの連絡通路は、金網の間から、地面が丸見え。高所恐怖症の人はちょっとキツイかも?
e0100086_20341396.jpg

先月オープンしたばかりという、温泉らーめん・八方美人で遅めの昼食。
e0100086_20342870.jpg

ジャンプ競技場を後にし、白馬八方温泉へ。ここは、以前から行きたかった温泉で、全国有数の強アルカリ(pH11超)温泉なのだ。ややとろみのある泉質でいい風呂でした。

この時点で、16時。

17時チェックインの予約のしてある宿は、およそ120キロ先の群馬・草津温泉。

まあ、無理か…素直に宿に遅くなる連絡を入れて、白馬を後にした。

つづく…
[PR]
by s_suzuka13 | 2012-08-12 20:38 | ドライブ~クルマの旅~